学校からのお知らせ

コロナ対応の紹介

 川口市内の業者より、市内全校に飛沫拡散防止用のパーテーションが寄贈されました。児童用はPTAよりいただいたものを使っているため、職員室や相談室に設置しました。

 職員も感染防止に細心の注意を払って業務を行っております。

 

避難所開設・運営会議

 28日(火)に各町会の町会長、防災部長、市職員、学校教職員が集まり、避難所開設・運営会議を行いました。この会議は、学校が避難所になった際にスムーズに運営するために毎年行っているものです。

 昨年は、台風による大雨で東領家小学校も避難所開設を行いました。災害がないことを願っていますが、今後も地震や水害が発生する恐れがあります。緊急時に安全に避難できるように話し合いを重ねています。

マスクケース贈呈式

 6年生の「工作カンパニー」の児童が作ったマスクケースの贈呈式を校長室で行いました。社長の前田さんを中心に、メンバーのみんなでクラス全員分と職員分のケースを作ってくれました。

 児童会長がなぜ作ったのかをインタビューしたところ、「給食のときに外したマスクを置くところがなく、衛生的に保管できるといいと思って作りました。」とのことでした。

 職員一同、喜んで使わせていただきます。工作カンパニーのみなさんありがとう!

授業のようす(6年生)

 本校のPTAより、児童全員分の飛沫飛散防止シートを購入していただきました。まず6年生でこのシートを使い、授業を行いました。

 今まではできなかった机を向かい合わせての話し合い活動を行うことができました。